新潟県長岡市・見附市・三条市・燕市・柏崎市・加茂市・小千谷市・魚沼市・南魚沼市・十日町市で超ローコストの新築住宅をお考えならプラスホームにお任せください!

プラスホーム
モデルハウス見学会予約
協力業者様募集
求人情報

INTERVIEW06

00

学生時代~プラスホームに入社するまで

学生時代について

新潟県加茂市で生まれ育つ。高校では軽音部に所属しギターやドラムを演奏していました。どちらかというとスポーツは苦手で、音楽を聞いたり演奏するのが好きなインドア派。
高校卒業後は、音楽の学校に進学。

卒業後

イベント音響設営の会社に就職。ほどなくして退職、地元に戻り再就職しました。

01

【趣味】のところに“マラソン・トライアスロン”と書かれていますが、意外にも学生時代はスポーツをすることが苦手だったんですね。走ろうと思ったきっかけは何ですか?

地元で再就職した頃、会社の方から誘われたのがきっかけです。社内に駅伝チームがあり、一緒に走ってみないか?と言われ、体力づくりも兼ねて何気なく大会に参加しました、やってみたら意外と走れたという感じです。
練習をたくさんやれば、その分タイムが縮まる!という体験が心地よくて、次第にランニングが日課になりました。そんな中、小学校の頃先生から「お前は長距離に向いている」と言われたのを大人になってから思い出しました。当時の先生は私の特性に気づいてくれていたんですね。
 とはいうものの、社会人から始めた素人ランナーなので、練習量が増えてくるのと同時に足を怪我をするようになりました。足が痛いときはリハビリを兼ねて水泳をやるようにしました。学生時代スポーツは全般苦手でしたが泳ぐのは割と好きな方でした。

マラソン・水泳とくれば、バイク、挑戦してみたくなるのがトライアスロンですよね!?
初めてトライしたのが群馬県の『渡良瀬遊水地トライアスロン』でした。
この大会はトライアスロンシーズン初めの5月に開催されるので、冬にたくさん練習をして「待ってました!楽しみ~!」というやる気満々の状態で臨めます。
ちなみに、ランが一番得意です。スイムは下手の横好き。。一番遅いです。
余談ですが、トライアスロン大会のスイムは場所や環境によって、かなり水質が悪いことがあります・・・。日本人で海外の大会に参加される人の中には、スイムが原因で後日体調を崩す人がいるそうです。

今では4月から11月の間、月1回くらいのペースでマラソンやトライアスロンの大会に参加しています。
少し自慢出来ることは、「サブ3(スリー)」に入っていることです。
フルマラソンを3時間以内で走れる人のことを「サブ3」というのですが、市民ランナーとシリアスランナーの分岐点で、達成できる人は日本にいるフルマラソン完走者の3%と言われています。1kmを4分15秒のペースで走り続けると、42.195kmで2時間59分20秒になります。しっかりと練習をしていなければほぼ無理なタイムです。

02

思わず聞き入ってしまいました。また、いろんな大会のこと教えてくださいね。
さて、転職してプラスホームで働こうと思ったのは何故ですか?

異動になって、長岡に引っ越したのが大きいです。前職は社会的に安定した仕事でしたので、長く続けたいとも思っていましたが。より収入のいいところ、という気持ちがありました。自分に向いている仕事がまだあるんじゃないかとも考えるようになりました。
せっかく働くなら、本気でやりたい!と思える仕事を探そうと思って、子どもの頃から日曜大工が好きだったので。興味のあった土木や建築関係の会社をネット等で調べていたんです。
何社か面接、見学をしている中で偶然プラスホームに出会いました。

ここは給与体系が他社よりも伸びしろがあり、未経験可であること、社長の原山さんが志を持った同世代の人であることが入社の決め手でした。この会社で自分の可能性を広げたい、という思いになりました。

03

【施工管理】という職種ですが、具体的にどんな仕事をするのですか?

【施工管理】はいわゆる【現場監督】と言われている仕事です。
設計士から引き受けた図面をもとに、用意された土地の中で建物を作り上げるまでの管理をする仕事です。
土地の現地調査から始まり、基礎工事、木工事、クロス工事、電気工事。作業の段階に応じて各業者に緻密に連絡をとっていきます。
建築資材が必要な時に現場に届いているように手配します。
これらが施工管理、現場監督の主な仕事です。

家を建てるには、10件近くの業者さん職人さんの力が必要です。作業当日に資材が届いていないなんて事態は許されないことだし、業者さん職人さんの工程日数が早すぎても、重なっても、遅すぎてもいけない。
トラブルなく安全に進めていくのは施工管理の腕にかかっています。

04

実際に働いてみてどうですか?

未経験の業界ですが、一級建築士の資格を持つ小林さんの元で直に仕事を学べる、恵まれた環境にいます。
小林さんは建築知識が豊富なだけではなく、人格の素晴らしい方です。しっかりと教えていただきながら、毎日たくさんの発見があり、楽しく充実した日々を送っています。
この会社の良さは、仕事のデータをクラウド上で管理していて、パソコンやスマホで各自担当者同士がいつでも作成、連絡、共有出来るようになっています。就業時間、残業は自己管理、自己責任の中で生活に合わせてフレキシブルに働ける点です。
プラスホームのスタッフは私と年齢が近く、フレンドリーでいい意味で遠慮なく自分の意見を出し合うことができます。前職は、社内の年齢層が高く、お客様も基本的に年上でした。これが今までの環境から大きく変わった点です。新鮮で良い刺激をいただいています。

05

真摯に仕事に向かう姿勢が魅力的な小野さん。これからの目標をお聞かせください。

未経験でこの世界に入ったので、今はすべてを吸収する期間だと思っています。
この業界の良いところは頑張った分の成果が実感できるところです。この感覚はマラソン、トライアスロンに通じるものがあります。どんどん現場に触れて知識を高めてスキルアップしていきたいです。
元気に、前向きに、怪我無くガンバリマス!

モデルハウス見学会予約
予約特典あり!イベント予約