新潟県長岡市・見附市・三条市・燕市・柏崎市・加茂市・小千谷市・魚沼市・南魚沼市・十日町市で超ローコストの新築住宅をお考えならプラスホームにお任せください!

プラスホーム
モデルハウス見学会予約
協力業者様募集
求人情報

INTERVIEW09

00

学生時代~プラスホームに入社するまで

学生時代について

新潟県長岡市で生まれ育つ。外で遊ぶのが大好きな活発な子ども時代を過ごす。学生時代はアウトドアが好きで、バイクに乗って海など色々な場所に出かけるのが好きだった。

01

これまでの仕事について教えてください

10代の頃から土木関係の仕事をしていました。二級土木施工管理技士の資格も持っています!その他にとび職の先輩と組んで人材派遣の仕事をしていて、現場の足場を組む仕事もしていました。その時に長岡市の総合建設業「株式会社 田中組」さんに「うちで働いてみないか?」と声をかけてもらい、約5年働きました。その後、待遇面を考慮して栃尾の建設会社に転職をして住宅メーカーの土木関連の仕事に携わっていました。

02

転職のきっかけを教えてください

栃尾の建設会社に勤めているときに結婚をして子どもが産まれました。その会社では、冬に除雪車で除雪をしなくてはいけなかったんですよ。除雪は夜中の作業ですし、土日も雪が降れば仕事をしなくてはならないので…やっぱり身体的にも辛かったです。会社も自宅から距離があり、とくに冬場は通勤が大変でした。
2人目の子どもを授かった時に、遠方への通勤だといざという時の子どもの園の送迎や育児のサポートが出来ないことが悩みになりました。このまま働いていても家族との時間を作れないし、やっぱり子どもと過ごす時間を大切にしたい!という思いから、もう少し自宅から近い職場で働きたいと考えたのが転職のきっかけです。

03

プラスホームで働こうと思ったきっかけは何ですか?

最初は別の土木関連の大きな会社で働こうと思っていましたが、とあるご縁から職業紹介人材派遣の方と出会い、そこでプラスホームを紹介してもらいました。建築関連の仕事に興味もありましたし、自宅から職場が近く、待遇面も良かったので面接を受けました。
実際に代表の原山さんとお話しして率直に思ったのは「お!今までの会社や社長と違う!初めての感覚だ!」ということ。これまでは会社の社長のイメージは絶対的存在であり、会社で決められたルール・規則を上からの指示で必ず守らなければならない!と思っていました。
その考えがすべてくつがえるほど、原山さんは全く初めて会う社長のタイプでした。とくに印象に残っている面接の質問が「うちの会社を踏み台にしても良いから、この先どんなことをしてみたい?」でした。それを聞いた時に「なんだ?この社長、すごく面白い!この会社で働いてみたい!」とワクワクしたことを今でもよく覚えています。責任が伴うけれど自由な働き方ができる職場環境にも魅力を感じ、ここで働こうと決意しました。

04

実際に施工管理として働いてみていかがですか?

職場では同年代のスタッフが多いので、すごく楽しく働けています!建築に関して新しい分野を学んで知識と経験を積み重ねていけるので、自分自身の成長にもつながります。PCは少し苦手ですけど…(笑)
現場では色々な業者の方と会って話をして、コミュニケーションを積極的に取りながら臨機応変に対応できるように心がけています。とにかく毎日が新鮮です!

05

これからの目標を教えてください!

一番近い目標だと、自分の家を自分で設計して建ててみたいですね!「この家、パパが作ったんだよ」と子ども達に話すのが夢です。そのために今、建築士の勉強もしています。あとはいつの日かオリンピックの競技場など何か後世に残る建築にも携わってみたいですね!
施工現場でも、お客様や業者さん含めて関わりがある方全員に「何かあったら小山に頼めば大丈夫だろう」と頼りにされる存在になりたいです。これからも信頼関係を大切に日々仕事に励んでいきたいです。

モデルハウス見学会予約
予約特典あり!イベント予約