INTERVIEW 奥村|新潟市・長岡市・柏崎市の新築注文住宅・ローコスト住宅プラスホーム

プラスホーム
モデルハウス見学会予約

INTERVIEW

00

幼児教育を学び、結婚を機に長岡へ

福井県福井市生まれ。高校まで福井で過ごす。新潟大学で幼児教育について学んだが教職にはつかず、実家に戻りJAに勤務。結婚を機に長岡へ。子どもは二人。

01

趣味はピアノ・手芸・料理
~料理研究家として活躍!~

趣味は、ピアノ・手芸・料理。その他手先を使うことがなんでも好きです。

ピアノは年長くらいから高校まで習っていて、時間があるとたまに昔の楽譜を引っ張り出してきて趣味として楽しんでいるのですが、PTAの合唱の伴奏を頼まれたのがきっかけで、近隣の小学校から声をかけていただき、親善音楽会や卒業式で伴奏を任されています。

ピアノを習っていたことが役に立つ日が来るとは思ってもいなかったので、何でも続けておいて損はないなぁと思った瞬間です。

伴奏をしに行っている小学校の子どもたちが、素直で無邪気で一生懸命ですごく可愛くて、毎回癒されます。

そのほか、息子の小学校で、読み聞かせボランティアや放課後子ども教室のボランティアも頼まれていて、教職につかなかったのに気づけば学校職員のようになっている、そんな日常です。

料理は、小さいころから大好きだったのですが、結婚してからたまたま目にした新聞の広告欄に料理コンテストを見つけて、応募してみたところ、見事入賞!副賞がいろいろもらえることに味を占め(笑)、いろんなコンテストに応募するように。2011年から某有名レシピサイトに投稿開始、2013年からは料理ブログも始めました。 ありがたいことに、料理関係でNHKと民放3社にも出演させて頂きましたし、雑誌の連載もさせていただきました。

レシピサイトのほうでは、現在アンバサダーを務めさせていただいています。

02

JA勤務を経て
料理教室主催やボランティア活動に携わる日々へ

大学卒業後は福井のJAの金融窓口で働いていました。 とてもアットホームで、お客様も農家の方がほとんどですごく可愛がって頂き、集金にお伺いすると、「これ、持って帰れや」と野菜を頂くこともしばしば。

採れたての旬の野菜は本当に美味しくて、この美味しさや農家さんの魅力を何かで発信したいとずっと思っていたのですが、それがレシピ投稿やブログ開設に繋がりました。

結婚後は、子どもが義務教育が終わるまでは、学校から帰ってきたときに「お帰り」が言いたくて、働かないと決めていましたが、子どもが学校に行っている間は、自宅で料理教室を開いたり、小学校の調理クラブでボランティアをしたり、レシピ開発の仕事で試作したり、読み聞かせボランティアに行ったり、ピアノ伴奏をやったり・・・。割とタイトでしたね。

03

働こうと思ったきっかけは友人の紹介
~会社の成長を見届けたい~

以前働いていた友だちから「人手が足りなくて、パソコンできる人探しているんだ~」と2018年の秋ごろ声をかけられたのがきっかけです。

いろいろ迷いましたが、子どもが帰ってくるまでの間だったらなんとかなるかな?人手が足りるようになるまで限定で。と、2019年の2月にとりあえず話を聞いてみることに。

社長の原山さんの第一印象は、東京の人っぽい(笑)という感じでした。

一回りも若いのに、妙に説得力があって、新潟ではあんまり出会ったことのないタイプの、理想とやる気に満ち溢れたパワーがある!

しかも、まだ、事務所がなくてモデルハウスでの面接だったのですが、モデルハウスの中は本当にエアコン1台しかつけていないのに、2月とは思えないくらい暖かくてカラッとしていて居心地が良くて・・・。こんな性能のいい家、もっと高く売ればいいのに!ここの社長、頭おかしいんじゃない?(すみません・・・)と思いました。

でも、この髙性能のものをローコストで提供することに意義がある、という哲学がちゃんとあって、プラスホームの成長を見届けるのも面白そうだなと思って働くことにしました。

04

プラスホームのファンが増えるのが今後の目標

人手が足りるようになるまで、と思っていましたが、会社の成長スピードが速すぎて常に人手不足な感じです。もうしばらく頑張らないといけなさそうですね。はい、頑張ります。 若いスタッフが多く非常に活気のある職場です。

ノリよく、でも礼儀正しくをモットーに今後も環境を整えていきたいです。 「プラスホームだから一緒に家づくりをしたい」と思っていただけるお客様・職人の皆様が増えると嬉しいです。

モデルハウス見学会予約
予約特典あり!イベント予約