INTERVIEW 田中|新潟市・長岡市・柏崎市の新築注文住宅・ローコスト住宅プラスホーム

プラスホーム
モデルハウス見学会予約
協力業者様募集
  • 新卒採用
  • 中途採用

INTERVIEW

00

おいたち〜子供の頃は〇〇に夢中⁉〜

新潟県小千谷市出身。生まれも育ちも小千谷。息子と娘がいて、孫もできました。
苦手な食べ物はバナナとナスの漬物。どうも苦手なんですね、食感とか…。
空いている時間を見つけては化石掘りばかりしている子供時代を過ごしていました。珍しいかもしれませんね。金槌や鏨、石鑿などを使い、鯨の骨や貝、鰯の化石を探し当てていましたよ。だから子供の頃は考古学者とかそういうのに憧れてました。中学時代に背が伸びる事を期待してバスケ部に入部しましたが、背は関係ないみたいです(笑)
高校進学後はバイト三昧の日々で、新聞配達、ホームセンターなどで働きました。

01

〜いつでもどこでも!ものづくり〜

昔から基本的にものづくりが好きだったし、プライベートでもなんでもちゃちゃっと作ってしまう。魚釣りが趣味なんですけど、だいたい夜に釣りに行く。業界仲間とね、ひとりでも行きますし釣れても釣れなくても持ち寄って飯炊いたり、肉焼いたり酒のんだりしてね。そこで折りたたみテーブルが必要となったらその場ですぐ作る。一人用バーベキューコンロが必要なら作るし、釣りの仕掛けやら、終夜灯やらまあ全部すぐ自分で作っちゃうんです。ものづくりがもう人生の一部、ライフスタイルになってますね。

そのくせ、自分の家の直しとかはなかなか面倒くさくてやらないのがお決まりです(笑)どこの大工もそうですけどね、金にならないし、別に家のことしても楽しくないし、やっても当たり前って思われちゃうしね(笑)
そんなところもあって、いまでも私は現場監督っていうよりも大工が現場で見守ってる、残った作業もあれば手も出すみたいな感じですね。

02

前職、そしてプラスホームとの出会い

一番最初はホームセンターで3年ほど勤めました。その後は1年半くらいコーヒーのルート営業なんかもしたりしましたよ。その時は配送がメインで面白くなかったな。(笑)

前職は名のしれたハウスメーカーで施工してましたが、上棟数も格段多いし客層や自分の目指している働き方とはだいぶずれていて転職先を探していました。そんなときに偶然インターネットでの求人を見たのがはじまり。業界狭いですから、他でも呼ばれたりもしてました。以前の職場ではちょっと経験詰んだ中堅層が新人にきつく当たるだとか、誰々が揉めて辞めただの、みんな嫌々渋々仕事しにきてる。土日だってなんでこなきゃいけないんだって顔してる。

でも面接受けてここは、会社の空気がね、ぜんぜん違う。プラスホームきて、小林さんに声かけてもらえてああ、あのときの!となったのは嬉しかったです。以前現場で向かい合わせに仕事してたことがあったから。ご縁があって知ってる顔がいるってのも安心できましたね。

03

プラスホームで働く上で何よりも素晴らしいこと

まず、嫌々って顔で仕事してる人がいないんですよ。なんだか自由な感じ。土日だろうとみんな働きたくて働きに来てる。



それに事務所には猫もいるしね。猫好きなんですよ。

04

住まいづくりを考えている皆さんに伝えたいこと

長年この業界に携わってきたものとして言えるのは、この会社の家の品質は良い。最近は地元の工務店とかでなく大きいとこによくわからないままに頼んで家を購入してしまう人が多い。

でも、やはりその土地で長くやってきた職人が一番この地域でどういう施工をしたら良いのかを知ってる。家ってすごく高い買い物で、なおかつ使用頻度がめちゃくちゃ高い、それに加えて長く使うもの。

今はいいけど、子供が出来たら?子供が成人したら?自分が歳をとったら?この土地の気候だったら?もっと本当にたくさん考えてやりとりして満足のできる住まいを手にしていただきたい。よく考えずに購入して後からこうしておけばよかった…と思ってほしくないですね。



家は購入して終わりというわけでもなく、アフターメンテナンスのこともありますから。その点、この新潟県という土地、特に魚沼、雪の多い中越なんかは特に気候のことも考えた上で、ここのプラスホームの提供している住宅の品質は高く、良いものと私は思っていますね。

モデルハウス見学会予約
予約特典あり!イベント予約