湯沢町・26坪|プラスホームは黒船襲来!断熱にこだわった4LDK|新潟市・長岡市・柏崎市の新築注文住宅・ローコスト住宅プラスホーム

プラスホーム
モデルハウス見学会予約
協力業者様募集
  • 新卒採用
  • 中途採用
湯沢町・26坪|プラスホームは黒船襲来!断熱にこだわった4LDK

道路の拡張工事がきっかけで建て替えを決意したご兄弟で住まわれるN様

豪雪地帯の雪国「南魚沼郡湯沢町」だからこそ、高品質高性能の暖かい家にこだわりました。

数あるハウスメーカーから「コストパフォーマンスと断熱性能」に高い魅力を感じてプラスホームで建てることを決めた、と語るN様のインタビューをお届けします。

【DATA】

家族構成:兄弟

延床面積:86.11㎡(26.04坪)

間取り:2階建て4LDK

▼クリックすると拡大してご覧いただけます

プラスホームに決めたのはコストパフォーマンスの良さ!

「道路の拡張工事」が決まって、どの住宅会社で建てようか相当悩みましたね。

色々なハウスメーカーの話を聞いて、最終的にたどり着いたのが「プラスホーム」!その決め手はやっぱり圧倒的なコスパの良さでした。

 

他のハウスメーカーは間取り確定前は、最終的な値段が分からないんですよ。間取り変更により値段が変わるものだから。

でも、プラスホームさんは坪単価での価格設定で、最初に最終価格で「〇〇円」と金額が分かったのがありがたかったですね。

 

―当社は「安心の最終価格」として、最初に家づくりにかかる金額をお知らせしているので資金計画的にも安心できた、ということですね。

 

そうですね、やっぱりそこが決め手だったのと、あと営業費や広告宣伝費を削っているのも魅力に感じました。

 

他のハウスメーカーさんは豪華な仕出し弁当やパンの差し入れがあったり、カタログの作り方も凝っている所があって、こういった『営業費』『広告宣伝費』が結果的に予算に跳ね返ってきているんだろうな、と思いました。プラスホームさんはそういうのが全くなかったので、そこも良かったですね。

 

 

スタッフの対応について~とにかく若くて勢いがある!~

プラスホームさんのいいな、と思うところは社員が若いところ!勢いがあって柔軟性がありますよね。とにかくエネルギッシュ!良いものをどんどん取り入れて成長していく雰囲気が感じられます。

 

―社長も35歳で若く、営業はほぼ20代ですからね。逆にもっとこうしてほしかった、という点はありますか?

 

逆に、ここは課題だな、と思うところは「直接設計士と相談できる環境を整えてほしい」ところですかね。

 

他ハウスメーカーさんだと、直接設計士とやり取りしながら、間取りを決められるのですが、プラスホームさんは間に営業さんを挟むじゃないですか。そこが若干のもどかしさを感じていましたね。今後はスムーズに直接やり取りができるようになってほしいので、そこは是非検討していただきたいですね。

 

あと、家はあえてリビングの掃き出し窓を作らなかったのですが、冷蔵庫や洗濯機など大物家電の搬入の際にドア枠を取り外したりして苦労しました。今後も大きい掃き出し窓を作らない家があるなら、事前にそこの部分は考えておいた方が良いかな、と思います。

 

 

予算の範囲内で要望を全部叶えてくれた!

家を建てて思うのは、前の家と比べたら圧倒的に全て良くなっている、ということです。

 

あ、そうそう、一度、担当営業の山谷さんに「御社のダメなところをあえて教えてください」って意地悪な質問をしたことがあったんですよ(笑)

そうしたらスパッと「ダサいところ」ですね!と仰っていましたが…(笑)デザイン性も全く問題なかったですね。

 

―そうなんですね(笑)当社は「予算の範囲内で最大限の家づくり」をモットーにシンプルなデザインを意識しています。何か他にスタッフの対応で心に残っている所はありますか?

 

こちらとしては少ないお金でなるべく良いものを、と思っていたので注文住宅で間取りを相談しながら決められたことは良かったですね。

 

あとは豪雪地帯の雪国なので、落雪屋根(片流れ屋根)にしたいとの要望も、本来であれば価格がぐっと上がるところもあると思うのですが、山谷さんが社長を説得してくれて柔軟に対応してくれたので感謝していますね。結果的に予算の範囲内で要望を叶えてくれて満足しています。

 

 

プラスホームは南魚沼・湯沢地域にとって「黒船襲来」だ!

他メーカーとの圧倒的な違いは「断熱性の高さ」「すべり出し窓」を採用していること。これはこの寒い地域には他にはない。このハウスメーカーの推しポイントになると思います!近所だとほとんど引き違い窓が多くて断熱性能を考えていない家が多いので。

 

一度、南魚沼地域でローコスト住宅を謳っている会社の社長に話を聞きにいったことがあったんです。

ここのプラスホームさんの二重断熱のこと、坪単価での価格設定のことを話したら「こんなことをやれるのはここの地域では他にはない!」と仰っていました。きっと「長岡からとんでもない住宅会社がやってきた!」って思っていますよ(笑)ある意味、他社からお墨付きをもらっているようなものですよね。

 

―そうなんですか!当社は寒冷地の北海道札幌の家づくりを参考に断熱性能にはこだわっているので、その話は嬉しいです。

 

ローコスト会社としては、まさに「黒船襲来」ですよ、この地域のメーカーにとって。プラスホームさんは。 たぶんこの発泡スチロールの二重断熱で同じ家を建てたら、断熱性能と金額面では既存のメーカーだと太刀打ちできないんじゃないですかね。

 

唯一、言えるのは「柱の太さ」ですかね。この豪雪地帯の雪国の標準仕様だともっと太い柱を使うので。そこは「耐久性・耐雪性は全く問題ないです!」と言えるぐらいの理論武装をしておくと良いと思いますね。

 

 

他社と検討したからこそ、プラスホームを選んでよかった

家づくりをどのハウスメーカーにしようか悩んで悩んで…最終的にお願いしたのがプラスホームさんでした。

 

24時間熱交換換気、二重断熱…その中でもコスパが圧倒的に良い、というのが他社と検討して感じているポイントですね。そこの部分は抜きんでていて、アドバンテージがあると思いますよ!

 

家づくりを始めてここまで本当に長かった…。だけど今は無事に家が完成した安堵感でいっぱいです。ありがとうございました!

 
モデルハウス見学会予約
予約特典あり!イベント予約